模試で学力を伸ばす

模試は合格判定を見るだけのためにあるのではありません。受験生に指針を提供して、実力を伸ばすのに役立ててもらうことを意図して作られています。

 

模試を受けることが最高の受験勉強

私立中学の教室の席につき、知らない他塾の塾生たちに混じって、入試本番に近い環境で入試を想定した問題に挑む。そうした実戦経験を数多く積んでおくことを強くお勧めします。五ツ木・駸々堂模試は私立中学を会場とすることを基本とした公開会場模試です。普段の塾の校舎・教室、よく知る仲間たちの間で受けるテストでは得られない実戦感覚を体験できる貴重な機会となります。
緊張感の違う公開会場模試だからこそ見つかる課題、修正点があります。実戦で課題をつかみ、入試に向かうこれからの取り組みにぜひ生かしてください。このページで、学力を伸ばす最良の方法について説明していきます。

 

良問でエッセンスを身につける

長年西日本で最大規模の受験生が受け続けていることには理由があります。この模試の問題を解ける力をきちんと身につければ、実力が伸びる。塾の先生方はじめ中学受験を指導している専門家の方々から「学力を育てる問題」としても評価をいただいています。
解き直しをやってもっとも効果的なのは、模試を終えたその日です。真剣勝負で問題に挑んで「もう少しで解けそうなのにできなかった」など、正解や解き方を知りたい意欲が強く、このときやればもっとも身につきます。全力で取り組んだあとなので疲れているでしょうが、お昼ご飯を食べてリフレッシュして、ぜひ試験の日のうちに解き直しに取り組んでください。 模試の最後にお渡しする『問題の研究』で詳しく解説しています。自分ができなかった問題の解き方をしっかり勉強しておきましょう。解説を読んでもわからなければ、できるだけ早い機会に塾の先生に教えてもらいましょう。
模試を毎回受けて、この効果的な学習を積み重ねてぜひ力を伸ばしてください。

 

 問題の研究

 

弱点にこそ伸びしろがある

成績表が届いたときもっとも気になるのは志望校の合格可能性判定だと思います。しかし、もっと大事なことがそこには出ています。
克服すべき課題が出ているのです。試験の結果表れた弱点が課題です。弱点だからといって悲観することはありません。「これから何に重点を置いて学習を進めていくか」という観点に立って、この弱点を知ることがとても重要なのです。この弱点にこそ、これから掘り起こすべき点数がもっとも多く埋もれています。

 

弱点の見つけ方

手も足も出なかったから弱点と考えるのは早計です。ほかの人たちが正解できたのに、自分ができなかったところ。それが弱点です。
成績表の「(3)問題(大問)別成績(%)」の欄に注目しましょう。
下にあげた成績表の例では、理科の大問3が弱点と言えます。
受験者全員の平均正答率が71%、やさしい問題だったと言えます。その大問3を14%しか取れなかった。この受験生の弱点は、この大問3で問われている単元・分野です。ここを強化して取れるようになれば、大きく得点をアップできます。

 

問題(大問)別成績(%)

 

次回の模試で克服する

次の模試ではここで大きく得点を伸ばすことを目標に、この大問で出題された単元・分野を強化する学習に取り組む。次の模試で成果を確かめるめあてがありますから、意欲を高く保てます。
得点率が高い人は高い人なりの、低い人は低い人なりの「自分の弱点=克服すべき課題」を設定してください。実際の入試では近い学力の人たちと競い合うことになります。成績結果に一喜一憂するのではなく、次に向かって歩む力にすることが大切です。

 

受験生たちが力を伸ばす中で、自分の伸びを確かめる

成績表にはいままで受験した成績結果が掲載されます。
この模試に参加するのは、中学入試に情熱を傾けてがんばっている受験生たちです。その受験生全体の中でいま自分がどの位置にいるかを知ることが模試を受ける目的の一つで、この模試は精度が高くここでの成績が入試本番で計られる力と相関しています。
受験生たちは懸命に勉強を積み重ねているので、時とともに実力もアップしています。その中で自分の位置がどう推移しているかをしっかり把握しながら進むことが、中学入試までの道のりではとても重要です。
もう一つ重要なことは、自分が志望校の合格目標偏差値にどう近づいているかを把握すること。自分の歩みを確かめながら、「来月の模試ではあと偏差値3ポイント上げたい」などはっきりした目標をもつことが日々のがんばりを支える力になります。

 

今回とこれまでの成績

 

進学塾の先生

大半の方が進学塾に通っておられると思います。塾には、五ツ木・駸々堂模試を指導に取り入れておられるところがたくさんあります。
こうした塾の先生方は、これまで述べてきた五ツ木・駸々堂模試の利点を深く理解され、日ごろの指導に生かしておられます。テスト結果から、成績に表れる以上のことを読み取っておられます。単純なミスによる失点か、どの部分の理解不足か。直接指導しておられるからこそ読み取れることがあり、その後の指導に活かしておられます。
五ツ木・駸々堂模試の成績を見るときは、深い知識と経験から出る塾の先生方のお話に耳を傾けてください。

Copyright © Itsukishobo. All Rights Reserved