模試で学力を上げる

模試を受ける目的は「腕試し」や「判定」だけではありません。中3京都模試は次の機能を備えています。

 

  • 模試は実戦演習のフィールドである
  • 最良の復習教材である
  • 学力診断かつ学力アップのツールである
  • 受験勉強のペースメーカーとして使える

 

模試をぜひいろいろな角度から利用して、メリットを生かし切ってください。そうすれば、五ツ木・京都模試が志望校合格を強力にバックアップします。

 

模擬テストは効果抜群の受験勉強

中3京都模試の問題は、受験の専門家が京都府の高校入試の問題を徹底的に分析して作成した問題です。入試で問われる力を測定します。さらに、復習してきちんと身につければ、本番入試で得点する力を高めることができます。
また、中3京都模試が「公開」試験であるということは、つねに問題内容の質を問われているということです。そのため、中3京都模試の問題は、単に「試験」であるだけでなく、練り上げられた「良問ぞろいの受験用教材」でもあります。このような問題を、緊張しながら、集中して受けることそのこと自体が、実戦力を上げるのにとても有効な受験勉強となるのです。

 

模試のあとは答え合わせで復習

 

問題と正解答と解説

 

本番さながらの模試テストを受けることは効果抜群の受験勉強になりますが、だからと言って受けっぱなしにしてはダメです。学校の勉強と同じで、直後の復習がもっとも効果的です。答え合わせと復習は、当日の帰りの電車内でやるくらいの気合いがあってもいいほど。問題に挑んだ直後だからこそ、間違えた問題もなぜ間違えたのか原因を追いやすいし、「今度は間違えないぞ!」と印象に残りやすいものです。

 

問題別・答え合わせの復習ポイント

模試のあとはすぐに答え合わせをしましょう。問題を一生懸命解いた直後だからこそ、答えを知りたい気持ちも強く、効果的な復習ができます。また、間違えたところはなぜ間違えたのか、その理由を追いやすく、強く印象に残ります。できれば当日、どうしても疲れている場合でも次の日には、復習と答え合わせをしましょう。
答案に書いた答えを忘れてしまわないうちに、答え合わせをしながら解説をじっくり読み、(1)わからなかった問題、(2)正解した問題、(3)正解したけれど理解が曖昧だった問題、(4)うっかりミスで間違えた問題、それぞれに対して以下のように取り組みましょう。

 

(1)わからなかった問題→解説を読み、どうして解くことができなかったかを考えます。まったくわからなかったのであれば、その単元の基礎から教科書などで復習し用語や公式を覚える必要があります。見たことがある、もしくは解説を読めばわかるのに解けなかったというのであれば、問題集などで類題の演習を積む必要があります。

 

(2)正解した問題→正解した問題も解説を読み、自分の解き方・考え方と違っていたら、解説の解法を理解しておくことも重要です。というのも、解説の解き方は正攻法であるだけでなく、たいていは解答にたどり着く最短ルートであることがほとんど。そのため、試験での時間短縮に役立つからです。

 

(3)正解したけれど理解が曖昧だった問題→模試直後の答え合わせで特に重要なのが、この問題です。また、このような「なんとなく理解」の問題を確実に得点できる問題にできるかどうかが、入試本番で合否を分けるボーダーになります。答案(個人成績表)が戻ってくるころには、正答であるということでつい復習がおろそかになりやすいところなのですが、模試の直後だと、「迷ったけど正解できた!よかった!でも危なかった!」いう強い動機があるため、しっかりと理解を補強することができます。このタイミングで理解につなげておくことで、今後は点を確実に取れる問題となるのです。このような問題の復習は、特に即効果の出る復習であるといえます。

 

(4)うっかりミスで間違えた問題→本当はわかっているから大丈夫と自身はないがしろにしがち。ですが、うっかりミスには傾向があります。模試・学校でのテストを問わず、うっかりミスはどんな些細なものも、どんな間違い方をしたかメモして「うっかり間違いノート」を作っておきましょう。試験直前に目を通すと、点数アップに確実に効果があります。

 

個人成績表が届いたら

個人成績表が返ってきたら、2度目の復習をしましょう。2度目は、今後の学習課題と学習計画も視野に入れての復習になります。

 

個人成績表で伸びしろを見つける

個人成績表が届くと、まずは合格可能性判定(A~E)や得点、(校内)順位などに目を奪われて一喜一憂してしまいがちです。ですが、それだけでは、模試は半分しか活用できていません。判定や得点、順位などは「今後に生かす」という点から見ると、あまり重要度は高くありません。大切なのは、偏差値や科目の項目別得点率などから個人成績表を分析して、自分の課題をつかみ、これからの学習に役立てることです。

個人成績表の分析は最初は少し難しいかもしれません。ぜひ、ご家族の方や先生にも協力してもらいながら、「自分の課題=やれば伸びるポイント」を読みとっていくことをお勧めします。

 

●どの教科のどの分野が課題なのか、を知る――伸びしろが見える

 

弱点にこそ伸びしろがある

個人成績表には、合格可能性判定より大事なことが出ています。
克服すべき課題が出ているのです。「課題=弱点」と言えます。しかし、弱点だからといって悲観することはありません。「これから何に重点を置いて学習を進めていくか」という観点に立って、この弱点を知ることがとても重要なのです。この弱点にこそ、これから掘り起こすべき点数がもっとも多く埋もれています。

 

今回の成績

 

個人成績表の上部の偏差値グラフを見てください。これは科目ごとに偏差値を棒グラフで表しています。例として図にあげた成績があなたの成績だとすると、数学、ついで理科が弱かったことがわかります。ここで成績の低かった1教科(もしくは2教科)が今回わかったこの受験生の弱点です。弱点ではありますが、この弱点こそが伸びしろなのです。ここにこそ、掘り起こすべき点数、成績アップの可能性が最も多く埋もれています。
苦手科目を上げるのではなく、得意科目でカバーするという考え方もありますが、それは危険をはらんでいます。苦手科目のほうが成績を伸ばす余地が大きいため、苦手教科に取り組んだ人たちの伸びに及ばない可能性があること。もう一つは、入試本番で得意科目の試験がやさしいケースがあり得ることです。その場合、得意科目でリードして不得意科目をカバーすることができなくなってしまいます。入試ではやはり、苦手科目をなくし、できるだけ全科目を平均以上にもっていくほうが有利となります。

 

弱点の見つけ方

手も足も出なかったから弱点だと考えるのは早計です。ほかの人たちが正解できたのに、自分ができなかったところ。それが弱点です。
個人成績表の裏面にあるみどりの欄に注目しましょう。
さきほど見た弱点科目のひとつ、理科を見てみましょう。
項目a、b、c、dの順に数値がとならんでいます。青い●がこの受験生の得点率。
平均得点率が高かった項目がやさしかった箇所=次回は取るべきところ と言えます。ここに注目!です。
取るべきだった項目のうち、あなたの得点率が低かった項目を見つけましょう。
水色の棒グラフが平均。この生徒の例では、理科のaとcが平均を下回っています。
ここがこの受験生の「弱点→伸びしろ」の項目です。

 

領域別成績(%)、項目別成績(%)

 

伸びしろ項目の学習法

その項目の問題をもう一度徹底的にやる

ここまでに見つけた自分の伸びしろ項目。その項目に当たる問題がどれか、は解答解説に示しています。
その項目の問題をもう一度解いてみましょう。小問の項目をチェックし、伸びしろ項目にあたる問題はすべて、解答解説も読みながらしっかり時間をかけて理解できるまでやり直しましょう。教科書に戻って調べるなど徹底的に。それでもわからないところは先生に質問して教えてもらいましょう。

 

伸びしろ項目を根本から強化する

弱点の補強ですから、基礎固めに重点を置きます。もっとも肝心なことは教科書に出ている基本的内容をしっかりと身につけることです。
基本事項、記憶事項、注意点などをノートにまとめるのもよいでしょう。基本的事項をまとめ、理解したら、次は基本問題をできるだけたくさん解いて、基礎を定着させます。薄めの問題集のその単元部分を繰り返し解くことをおすすめします。間違った問題にはしるしをつけておき、2まわり目はできなかった問題だけを解きます。それを繰り返して、薄い問題集のその単元部分を完全に消化しましょう。
取り組み終わったら、模試で落とした問題を再度まとめて解いてみましょう。今度は解答や解説は見ずに解きます。
今度は正解できたでしょうか? 最後まで解答を見ずに自信をもって正解できれば、その項目の基礎力強化ができたと考えてよいでしょう。

 

次回の模試で克服する

次の目標地点を定める

次回の模試では、この項目で大きく得点を伸ばすことを目標に据えましょう。期間を限定して、この項目で出題された単元・分野を強化する学習に取り組みましょう。次の模試で成果を確かめるめあてがありますから、意欲を高く保てます。

もっと得点率が高い人は高い人なりの、低い人は低い人なりの「自分の弱点=克服すべき課題」を設定してください。実際の入試では近い学力の人たちと競い合うことになります。成績結果に一喜一憂するのではなく、次に向かって歩む力にすることが大切です。

 

受験生皆ががんばる中で、自分の伸びを確かめる

個人成績表には、いままで受験した成績結果がすべて掲載されます。
この模試は、入試に向かってがんばっている京都の高校受験生たちがたくさん受けに来ています。「この受験生全体の中でいま自分がどの位置にいるか」を知らせることが模試の重要な役割です。中3京都模試は精度が高く、ここで出る成績が入試本番で問われる力と相関関係にあります。

受験生たちの中には本気で勉強をやり出す人がだんだんと増え、全体で見れば実力を伸ばしていきます。その中で自分の位置がどう推移しているか。重要なのは、全体の中での位置をきちんと把握しながら進むことです。

もう一つ重要なことは、自分が志望校の合格判定で「B」にどう近づいているかを把握して、成果を確かめながら進んでいくこと。自分の歩みを確かめながら、「来月の模試ではあと偏差値3ポイント上げたい」などはっきりした目標をもつことが日々のがんばりを支え、自分を高める原動力になります。

受験に関するお問い合わせ

TEL.050-5528-9461

FAX.075-525-2022

(株)教育研究所 テスト事業部
〒605-0908
京都市東山区鞘町通五条下ル四丁目正面町328
※勝手ながら土曜・日曜・祝日は休業します。ただし、模擬テスト会の前日の土曜日は午前中営業します。

 

 

Copyright © Itsukishobo. All Rights Reserved