中学生対象 五ツ木のテスト会

お寄せいただいた体験者の声

体験記 保護者編

体験記 受験生編

体験記 保護者編

入試が変わっていたが、模試の結果で決められた

  • 名 前:yasuko(母)
  • 進学先:大阪府立三島高校
  • 娘の初めての高校受験。私(母親)の時代とは…

娘の初めての高校受験。私(母親)の時代とは受験のいろいろなことが様変わりしていました。学校によって問題もA B C とちがっていて、親としてもどのように志望校を決めれば良いか悩んでいたところ、1年前に受験を経験した友人から五ツ木の模試の話を聞きました。
中学校でも、実力テストや内申点から適正高校を出してはくれますが、それだけでは判断もつかないので、五ツ木の模試を2度受けて判断材料にしました。
学校の実力テストはその学校ごとに難易度の違いもあって、先生もそれに基づいて高校の話を進められますが、五ツ木の模試の判定結果とはかなり差があり、娘の志望校については当初少し厳しいようなニュアンスでした。
周りの方に相談をしたところ、学校側はかなり安全なところを勧める傾向があるとの事でした。
五ツ木の模試では2度ともA判定だったこともあって、最終の懇談で「ここを受けます」と伝えると、例年うちの娘くらいの成績で受かってることが多いと言っていただいたので第一志望の高校を受験し、見事合格。
入試当日は緊張もあり、かなり問題も難しかったようですが、模試で受験の流れを体験できていたことでパニックに陥ることなく受験を終えることができました。
何事も経験。これから受験される皆さん。中学校だけでは判断が難しいこともあると思います。塾や模試を上手く活用して第一志望校を目指してください。

公立高校から私立へ、親も考えが変わった

  • 名 前:M.H(母)
  • 進学先:京都文教高校
  • 私自身が公立高校出身だったために…

私自身が公立高校出身だったために、娘にも公立に進んでほしいと希望していました。
本人も高3の夏休みまでは公立に行くつもりで目指していましたが、私立のオープンキャンパスに行ったり、私が娘の性格などを考えたりした結果、最終的には本人が公立よりも私立に行きたいと言いだし、高校は基本的に本人が行きたい所でと思っていたので、割とすんなり「私立でもいいよ」って言えました。
というのは、学費は公立よりも私立がかかりますが、国からの補助金や私立の生徒に対するサポート等でトータル的に公立と変わらないと、中学校の進路説明会でも先生が言っていた事を思い出し、そのお陰で私立に抵抗がありませんでした。
私が公立に行っていたため、公立は全体的に生徒に対するフォローがあまりないと感じましたし、娘の性格上私立の方が合うと思いました。
もちろん、自分の事ができて自分でカバーできるのであれば、公立で良いと思います。ですが、私立は費用が高いという先入観を持たず、自分の子供に合う高校に行かせてあげるのが一番いい、受験生の親として、そう自分の考えが変わった時期でした。

1学期から受けて弱点克服がお勧め

  • 名 前:スティッチ(母)
  • 進学先:大阪府立貝塚南高校
  • わが子は、五ツ木模試を・・・

わが子は、五ツ木模試を夏以降で3回受けました。
10月から12月ぐらいだとだいたい志望校も決まってきているので、受験人数も増えます。志望校判定には一番参考になると思います。
でも私は、もっと早い時期から受けさせておけば良かったとも思いました。理由は、五ツ木では弱点なども分析してもらえるので、もっと早くから受けておけば夏休みなどにその弱点を勉強できた、そう思うからです。
うちの子は夏休みから11月頃までいろんな学校にオープンスクールに行き、私立も公立も学力の難易度は関係なく行きたい所を決めて、そのあとにその学校の学力に届くように12月から真剣に取り組みました。その結果、見事、私立も公立も第一志望の高校に合格できました。
後半は今まで受けた五ツ木模試の苦手なところを勉強し直し、何回も解き直して、最後には受けたときの点数よりも5教科で偏差値が7ぐらい上がるほど解けるようになりました。
もっと早く五ツ木模試を受けてこの勉強をしていたら、もっと上を狙えたかなとも思いますが、本人は自分で入りたかった高校に入れてとても満足しているので、それが一番です。
皆さんは一学期のうちに五ツ木模試を受けて、夏休みに苦手を克服して、オープンスクールにいろいろ行って、行きたい学校を見つけて、どんどん成績を上げてください。
応援しています。

本当の実力を知る、早くから弱点克服に模試を生かす

  • 名 前:みゆる(母)
  • 進学先:奈良市立一条高校 外国語科
  • 五ツ木の模試を利用するのは今回で二人目…

五ツ木の模試を利用するのは今回で二人目でした。上の子の時もお世話になりました。
うちは上の子の時もそうでしたが塾には行かせていません。なのでその子の実力を知るのには五ツ木の模擬を受けることがとても重要になります。
模擬試験を受けることにより、学校の成績だけでは分からない、その子の本当の実力が分かります。そして弱点も知ることができます。
受験が近づくと模擬を受ける方が多いです。多分、受験間近の実力を知りたいからだと思いますが、私は受験間近より早くから模擬を受けて、その子の弱点克服に力を注いであげる方が、得点アップに繋がりますし、本人の自信にも繋がると思います。
つい点数を見がちですが、点数より弱点克服に力を入れるのが志望校合格への確実な道だと思います。
ぜひ五ツ木の模擬を利用して、お子様の弱点探しをしてみてください!

続けて受けた五ツ木模試、アドバイスなどが息子の希望の光

  • 名 前:お母さん(母)
  • 進学先:興国高校 キャリアトライコース
  • 私の体験談は、残念ながら志望校に合格できた話では…

私の体験談は、残念ながら志望校に合格できた話ではありません。
長男は勉強が嫌いで、学校の宿題をするだけでも四苦八苦していました。中2の時、このままでは高校進学は難しいと言われ、中3になっても、限られた私立専願しか無理、と言われていました。
そんな中、続けて受けさせていたのが五ツ木の模試です。毎回散々な結果ではあるものの、アドバイスや合格可能な高校の案内が書いてあり、長男にとって希望の光だったようです。
最終的に第1志望の高校には◯をもらえませんでしたが、併願で合格していた私立に進学する事ができました。

初回から五ツ木模試を頼りに勉強、最終判断も。

  • 名 前:TK(母)
  • 進学先:大阪府立春日丘高校
  • 息子は、中学3年間塾に行かず、…

息子は、中学3年間塾に行かず、通信教育のみで自宅学習をしていました。
3年生になるときに志望校を決め、五ツ木の模試を初回からほぼ全部受験しました。塾に通っていれば、公開テストなどで自分の位置を知ることできるのですが、塾なし生の彼にとっては、五ツ木だけが頼りでした。
受験のたびに自分の偏差値を確かめ、できなかった問題を復習することで、目標設定と足りないところの補完をしていきました。
最終的に受験校を決定するとき、やはり決め手になったのは、五ツ木の最終模試でした。1月の結果で、志望校には少し足りないことがわかり、第2志望の学校を受験し、見事合格を勝ち取ることができました。
正直なところ、1月はもう受験しなくてもいいかな?と思っていましたが、結局1月の結果で絞り込むことができたので、受験しておいて本当によかったと思います。

志望校を早く決めること。

  • 名 前:T.A(母)
  • 進学先:京都市立西京高校 エンタープライジング科
  • 中3、受験生といっても、なかなか・・・

中3、受験生といっても、なかなかピンと来ない人も多いのではないでしょうか。
まず、何をしたらいいのか…。それは、出来るだけ早く志望校を決めることです。
どんな風に決めたらいいのか? 迷うと思いますが、とりあえず、色々な高校のオープンスクールに行くことが一番です。
家から、自分が高校生になったつもりで、電車やバスに乗って、学校に着くまでの時間を計ったりすることも大切ですし、先輩達がどんな雰囲気の中で生活しているか? どんな部活があるのか? 自分がこの学校に来た時の事を想像してみます。
目標の高校が決まれば、合格してやる! という意志が強くなりますし、前向きな気持ちで受験勉強に取り組めます。ぜひ、色々な高校のオープンスクールに行ってみることをお勧めします!

不安でしたが、五ツ木模試などを大いに活用した

  • 名 前:桃太の母
  • 進学先:大阪府立北千里高校 普通科
  • 中学三年間、五ツ木模試を利用させていただきました。その理由は、…

親の出身地でもなく、入試制度もよく変わるので、十分に把握できてないまま、子どもが受験生となりました。
不安や心配もありましたが、五ツ木の模擬テストや入試問題集などを大いに活用させていただきました。
各教科の傾向と対策は、出題内容が分析されているので、ポイントが押さえやすいように感じました。
また、息子が受験する年は国語で小論文や作文などが必須だったため、五ツ木の作文・小論文通信添削も利用しました。丁寧な講評も分かりやすかったようです。
模試で配られる冊子で志望校や受験に関しての情報を得られたり、五ツ木が主催されていた私立・公立進学相談会に行って志望校の先生から具体的な話も聞けたりしました。
相談コーナーでは五ツ木の人が模試の結果から親身にアドバイスをしてくれたのが非常にありがたかったです。親子同伴で話が聞けて、とても参考になりました。
勉強自体はもちろん子供本人が頑張らなくてはいけませんが、親として、受験生ということにそう身構えなくてもいいとは思えど、情報提供や食事のバランスや健康面などに気を配るものだと思っていました。
でも、普段の生活とそう変わりませんでした。
普段からそういう環境にしていれば、気をもまなくて済んで楽だったかも知れません。
親としてできる事なんて、しょせん、限られているのかも知れません。

子供にとっては大事な試験だったと知って反省

  • 名 前:pママ(母)
  • うちの子が高校受験にむけて本格的に勉強を・・・

うちの子が高校受験にむけて本格的に勉強をしはじめたのは、クラブが終わる9月からでした。
塾も増やし、自宅での勉強時間も毎日1時間だったのを4時間にして頑張っていましたが、自分の力がどのくらいか知るために五ツ木を申し込みました。
一回目、二回目と散々でしたので、子供に「次はやめたら?」と言うと、「自分が頑張ってる成果を数字で確かめたい!」とやる気になっていたので、親として最後まで見守ろうと思いました。
五ツ木の結果は最後まであまりいいものではなかったのですが、高校には無事合格し、今は楽しく高校生活を送っています。
受験が終わった日に子供から、「高いお金を出して五ツ木を何回も受けさせてくれてありがとう! 自分も頑張ってるけど他の人も頑張ってることがわかってよかった!」って言われました。
正直何回も受けて結果があまり変わらないので、無意味かと思いましたが、子供にとっては大事な試験だったと知って、親として反省しました。
今はやりきった感があり、「これをさせればよかった」とかそういう後悔がなく、すっきりしています。本当によかったです。

五ツ木模試を受けて、県外からのハンデを乗り越えられた。

  • 名 前:AN(母)
  • 進学先:生野高校
  • 中学校を卒業する機会に、県外に引っ越しをする事になりました。…

中学校を卒業する機会に、県外に引っ越しをする事になりました。県外受験なので、通っていた中学校にはなんの情報もなく、本人がどのあたりの偏差値なのかもわかりませんでした。
大阪府の中学生は五ツ木の模擬テストを受ける事を知り、早速郵送で申し込んでみました。
自宅受験でも偏差値、順位などがきっちりでるので、受験校選びにすごく参考になりました。
(五ツ木書房注:自宅受験で成績表を作成できる期間は限られます。「自宅受験による成績です」と明記されます。あてはめの成績で、成績表の発送は会場受験より遅くなります。)
また、過去問題集もインターネットで簡単に購入でき、大変助かりました。
おかげで無事、県外受験を乗り越えて、合格する事ができました。

中学3年生対象
五ツ木の模擬テスト会

2017年度 第7回
12月10日(日)

受付期間
11月30日(木)~ 12月5日(火)

  • 五ツ木の模擬テスト会 オンライン申込
  • 模擬テスト受験生応援サイト モシあと
  • 五ツ木の模擬テスト 大阪府公立高校入試問題集
  • 作文添削
  • 五ツ木の進学相談会 MT
  • 指定取扱い店
  • 国公立・私立 高校検索
LINEで送る

Copyright © Itsukishobo. All Rights Reserved