中学生対象 五ツ木のテスト会

入試を知る

大阪府私立高校入試 [平成27年10月29日現在]

平成28年度入試の情報(現中学3年生が受験する入試)

入試日程

 平成28年度の大阪府内の私立高校の入試は、平成28年2月10日(水)を初日として行うことが発表されています。
 大阪府公立高校の特別選抜が2月22日(月)・23日(火)、一般選抜が3月10日(木)ですから、公立に先立って私立高校の入試が行われます。
 出願期間や合格発表日は各校がそれぞれ決められます。

 

大阪府による私立高校の授業料無償化制度(平成28年度)

 大阪府が独自の政策として行っている私立高校の授業料無償化制度について、大阪府教育委員会ホームページで、平成28年度の新入生からの変更点が次のように説明されています。詳しくは、大阪府教育委員会ホームページでお確かめください。

 平成28年度の新入生から、世帯区分と授業料負担の額の見直しが行われるとのことです。

※ 概要説明

● 年収590万円未満世帯           ⇒ 授業料負担が実質無償

● 年収590万円以上800万円未満世帯  ⇒ 授業料負担が20万円

※ ただし、府内の私立高校に3人以上通わせている世帯については、次の負担額となるよう支援されます。

 ・年収590万円以上800万円未満世帯 ⇒ 授業料負担が10万円

 ・年収800万円以上910万円未満世帯 ⇒ 授業料負担が20万円
[授業料負担の額は、授業料が58万円以下の学校の場合であり、58万円を超える学校の場合は、その額に20万円を加えた額となります。]
 (例 65万円の授業料の学校の場合⇒授業料負担は27万円)

※ 府内の私立高校に3人以上通わせている世帯のほか、府内の私立高校生が1名以上いる世帯であれば、他府県の私立高校等や大学等に兄弟姉妹を2人以上通わせている世帯についても支援対象となります。なお、大学等の進学をめざすいわゆる浪人生についても、高校等卒業後1年間に限り特例的に人数に含められます。

※ 年収は、夫婦のどちらか一方が働き、高校生1人(16歳以上)、中学生1人の4人世帯の場合のめやすを示すもので、実際には、市町村民税所得割額により判定されます。

 

平成27年度(昨年度)に行われた入試

 以下は昨年度に行われた入試について概要を説明しています。今年度の入試については、高校によってそれぞれが決められますので、各高校の発表をかならず確かめてください。

 

専願と併願

 ほとんどの高校で、専願か併願かを明らかにして出願することが求められます。
 専願とは、合格すれば必ず入学することを約束して受験することです。この約束は破れません。
 併願とは、合格となっても、公立高校の結果を待ってから入学するか否かを申し出る受験の仕方です。
 ほとんんどの場合、専願の受験生は併願より合格ラインを下げて判定する措置が取られます。この高校を第1志望とする受験生が、公立高校などの次の志望とする受験生よりも優遇して判定されます。
 どんなに遅くとも私立入試の出願までには、私立専願にするのか、公立をめざして私立は併願にするのか、どちらかを決めておかなくてはいけません。
 たいていの場合、専願と併願では同じ高校の同じコースでも難易度が異なります。専願なのか併願なのかによって、選ぶ受験校がかわってくることになります。

 

私立高校の特徴

 私立高校には、建学の精神に基づいて独自の教育を展開されているところが数多くあります。魅力を感じて私立高校に進学し、高校生活やその後の歩みを充実したものにしている人たちがたくさんいます。一方で、希にではありますが、独自の教育ゆえに人によってはなじむのに時間がかかってしまうケースもあります。その高校の特色を事前によく知り理解したうえで選ぶことが大切です。
 併願で受ける場合も入学する可能性のある学校です。安易に考えず、その高校のことをよく理解したうえで受験しましょう。

 

特待生制度

 私立高校には特待生制度を設けているところが多くあります。学校によってさまざまですが、学力成績に基準を設けて特待生を選抜し、授業料や入学金などを軽減する制度を設けているケースが多いようです。関心のある学校がどういう特待生制度を設られているか、確かめてみましょう。

 

1.5次入試

 私立高校入試の結果が出たあと、公立高校入試までの間に出願、入試、合格発表が行われる入試です。
 行われる学校と行われない学校があります。

 

2次入試

 公立高校入試の結果が出たあと、出願、入試、合格発表が行われる入試です。
 行われる学校と行われない学校があります。

 

他府県の私立高校の受験

 私立高校は他府県の学校も受験できます。
 地域によりますが、京都府や兵庫県、奈良県、和歌山県の高校には通学可能なところがあり、そちらの高校に魅力を見出して進学している人たちもいます。
 例年、奈良県と和歌山県の私立高校は、大阪府の私立より早い日程で入試を行ってきました。地域によっては、大阪府の私立高校に加えて、奈良県や和歌山県の私立高校も受験することができました。平成28年度は、奈良県の私立高校は2月6日(土)、和歌山県の私立高校は1月30日(土)に、それぞれ入試を行うことが発表されています。

 

入試に向けて

 私立高校の入試は、基本的に当日の試験の得点で合否が判定されます。
 教科の入試でしっかり得点できる力を蓄えること、入試で実力を出し切る準備をしておくこと、この二つがとても大切です。
 中3五ツ木模試をぜひ活用してください。模試で弱点を見つけ、克服に取り組んで得点力を伸ばす。本番に近い環境で試験にトライして実戦力を磨く。この模擬テストをぜひ生かしてほしいと思います。

 

私立高校検索

 このサイトには、先生方の協力を得て、各高校の情報を検索できる形にして掲載しています。こちらでさまざまな角度から学校情報を確かめてみてください。

 

参考サイト (外部)

大阪府私立中学校高等学校連合会

中学3年生対象
五ツ木の模擬テスト会

2016年度 第2回
6月12日(日)

受付期間
6月2日(木)~ 6月7日(火)

  • 五ツ木の模擬テスト会 オンライン申込
  • 作文・小論文添削
  • 指定取扱い店
  • 国公立・私立 高校検索
LINEで送る

Copyright © Itsukishobo. All Rights Reserved