中学生対象 五ツ木のテスト会

特徴

五ツ木・学力テスト会

 

受験に必要な学力の測定ができる

中学校で使っている教科書は中学生が学習すべき内容を示した文部科学省の「学習指導要領」にもとづいて作成されています。
五ツ木の学力テストはその「学習指導要領」に準拠して作成されていますので、中学1年生または2年生として身につけなければならない学力の測定を適切に行うことができます。したがって、高校入試に立ち向かうための土台をしっかり築くことができます。

 

会場試験に慣れることができる

また、中1・中2学力テストは、他の中学校の受験生といっしょに会場でテストを受ける会場試験なので、試験の雰囲気に慣れ、緊張し過ぎたりすることがなくなるのも、大きなメリットです。

 

意欲の高い人たちの中での自分の位置を知る

1・2年生なので、まだ多くの人は受験を強くは意識していない時期です。そんな中で「実戦的なテストに挑戦してみたい」と考える人たちがこのテストを受けてくれています。学力のコンクールのような感覚で受けられていると言えます。そうした意欲を持つ人たちの中で、今の自分はどのくらいの位置にいるのか。ふだんの中学校のテストとは異なる自分の位置を知ることができます。

 

合格判定を出すのではなく、成績をもとにピックアップ

個人成績表には、「あなたの成績からピックアップ」を掲載します。
中学1・2年生の時期に、合格可能性をパーセントなどで示すのは適当でないと判断しています。
広い範囲の高校に関心を持ってもらうために、今回のテストの自分の成績と多くの高校・学科の合格難易度を対比させて見られるように示しています。
公立高校、私立高校とも、このテストのあなたの成績から見て適正と考えられる高校・学科をいくつかピックアップします。膨大な過去のデータを参照して導き出しています。
成績が2~3ポイント上がれば適正校になると思われる高校、4~5ポイント上がれば適正校になると思われる高校もピックアップします。
各自が志望校を選んで合格判定を出す形式とは異なります。志望校を選ぶことはできません。

  • 指定取扱店
  • 国公立・私立 高校検索
LINEで送る

Copyright © Itsukishobo. All Rights Reserved